借地権付き住宅の説明

借地権付き住宅のことをご存知ですか。
家を探している人はときどき耳にすることもあるでしょうが、あまり一般的な言葉ではないでしょう。
借地権付き住宅とは借りた土地に建っている住宅のことで、建物は自分の所有になるということです。
自分の所有ということは、リフォームもできますし、壁に穴を開けるのも大丈夫ということです。


感覚的には、土地と家を同時に購入した場合となにも変わりはありませんが、購入時の価格は土地を同時に購入するよりも、かなり安くなります。
この借地権には、旧借地権、普通借地権、定期借地権の3種類があります。


旧借地権は、借地期間が完了しても特別な場合を除き借地権の期間が更新されるものです。
普通借地権とは、最初の借地期間が30年、次の更新時が20年、以降は10年ごとの更新になるものです。
どちらも更新という手続きは発生しますが、住み続けることができるというものになります。


定期借地権は、旧借地権や普通借地権とは異なり、期間の更新ができません。
従って、期間が終了した時点で土地は地主に返さなくてはなりませんが、借地期間は50年以上とする場合が多くなっています。


このように借地権付き住宅は、土地を借りるといってもかなり長期間借りることができますから、土地を買って建物を購入するより価格的なメリットは大きいといえます。
ただし物件が豊富にあるというわけではないので、もし、条件に合う物件が見つかったら検討してみるとよいでしょう。


Copyright © 2014 借地権付き住宅 All Rights Reserved.